望楼守の生思考

2010年も終わり。今年はいろいろありました。とはいえ今年の総括はせず、最近気になっていることとかを徒然と書いてみます-0-マンション建設最近ちょっと気になっているのが家の近くで建設されているマンションがすごい多いこと。歩いて5分以内の範囲 ...

望楼守の生思考境界のない世界

21世紀になり10年がたとうとしている。新しい世紀を迎えてから今日までの間、世界のグローバル化はそれまで以上に進み、企業はますます国境を越えて活動するようになった。先進国が成熟を迎え成長を足踏みしている一方で、中国、インド、ブラジルなどの国 ...

望楼守の生思考

「明日から○○をやろう!」これまで、何度こんな決心をしただろう。そして、なんど挫折しただろう。正しいこと、そしてやるべきことは分かっていても、それを継続してやり続けることは、なかなか難しいものです。しかし、かのピーター・ドラッカーが述べたよ ...

望楼守の生思考

20代半ば~30代前半のvinviolette(バンビオレッテ)世代は、生命保険に入ろうかなと検討し始める人が多いのではないでしょうか? vinviolette(バンビオレッテ)とは? 20代半ば~30代前半世代が「若さ」と「成熟」の過渡期 ...

望楼守の生思考キャリア

先日、友人とコーヒーを飲みながら雑談していたら、最近興味のあることについての話になった。そこで、一つの発見があった。それは、「過去の縁や機会は時を越えてやってくる」ということだ。ぼくが最近興味を持っていること、帆船模型や、コンピュータグラフ ...

望楼守の生思考

ぼくの人生のテーマは、おもしろおかしく働くを楽しみながら好き勝手に生きること。 そして、それを継続するために、好き勝手に生き続けるためにこそ、友人、お客様、同僚、あるいは社会に対し、出来るだけの価値提供を行わなくてはいけないんだ。 ...

望楼守の生思考教養としての財務と会計

社会人になる直前、あるいは実際に会社で働くようになってから、少なからぬ人が会計、財務、経営分析など、呼び方は異なれど企業を財務諸表の数字で捕らえることができるようになりたいと思うようです。実際、書店には多くの会計、財務、ファイナンス、決算書 ...

望楼守の生思考

すごい、すごい、マジこれ超スゴイ、これヤヴァイ、絶対見た方がいい。なんでこんなに興奮してるかっていうと、MITのPranav Mistry(プラナフ・ミストリー)によるTEDでのプレゼンを見たんですよ。いつでもどこでも、実物世界と電脳世界が ...

望楼守の生思考

天才とは、99パーセントの努力と1パーセントの閃きである(トーマス・アルバ・エジソン)この言葉を知っている人は少なくないだろうが、この言葉の価値を理解し、自分の行動に反映させている人は少ないのではないだろうか?しかし、ぼくの周りにいるすんげ ...

望楼守の生思考

「会社」ってなんだろう、意識し、疑問の思うのは、多くの場合就職活動を始めることではないだろうか。もちろん、人によってはもっと早いケースもあれば、働き始めても、まったく気にしないケースもあるでしょう。大学生が「会社」というものに興味を持った場 ...