バフェットの株主への手紙(2009) 6.金融、および金融商品

さて、今回は「Finance and Financial Products」のパートをお送りします。バークシャーも当然ながらサブプライム危機と無縁ではいられません。サブプライム問題はバークシャーにどのような影響を与えたのか、そしてバフェットはこの問題をどのように見ているのでしょうか。

金融、および金融商品

この分野における最大の事業は、クレイトンホームズ(モジュラーとマニュファクチャード・ホームの最大手)です。クレイトンは、常に一番というわけではありませんでした。10年前、FleetwoodとChampion、Oakwoodが3つの主要なメーカーで、市場の44%のシェアを占めていましたが、これらの企業はすべて破綻してしまいました。この間、1999年から2009年の間に、業界全体の市場規模は、38万2000ユニットから6万ユニットまで減少しました。

(訳注:マニュファクチャード・ホームというのは、工場で組み立てられた家で、それをトレーラーで所定の場所場所に運んで完成させます。通常の住宅に比べ、低価格がウリの住宅です。)

この業界は2つの理由で修羅場にあり、アメリカの景気が回復するとしたら、第1の理由については受け入れなければなりません。この第1の理由は、米国の(アパートを含む)住宅着工件数に関してです。2009年の着工件数は554,000件で、データがある50年間で最も低い数字でした。逆説的には、これはよい知らせです。

2,3年前、供給側である住宅着工件数が毎年およそ200万件あったとき、人々はそれがよい知らせであったと思っていました。しかし、需要側である世帯形成は120万に達する程度でした。このようなアンバランスな状況が2、3年続いた結果、当然ながらアメリカは住宅が多すぎるという結果になりました。

この過剰を解決する3つの方法がありました。(1)たくさんの家を爆破すること(“cash-for-clunkers”プログラム[訳注:エコカー買い換え補助]で起こった自動車の破棄に似た戦術)。(2)家庭形成を促進すること(例えば、ティーンエイジャーに同棲を奨励するなど、ボランティア不足で苦しむことの無いようなプログラム)。あるいは、(3)世帯形成よりはるかに低い数字に、新しい住宅着工件数を下げること。

我々の国は、賢明にも第3のオプションを選択しました。それは、1,2年で住宅問題がほぼ解決するということを意味します。高付加価値住宅や過剰な建設が特にひどかった特定地域の住宅という例外はありますが。もちろん、価格は「バブル」水準からすると、はるかに低いままでしょう。しかし、売り手(あるいは貸し手)はこれにより痛手を被りますが、利益を得る買い手がいるでしょう。実際、バブルがはじけた結果、数年前には家を買うことができなかった多くの家庭が、彼らの財力の範囲内で買える家を見つけることができるでしょう。

マニュファクチャードホームが苦しめられる第2の理由は、この産業に特有なものです。それは、マニュファクチャードホームと現地建設の家の間での懲罰的なローン金利の差です。これを読み進める前に、明らかなことを強調させてください。バークシャーには、この戦いにおいてdog がいます。そして、それ故、あなたは、特に注意して次の解説を評価すべきです。警告はしましたが、どうして利率の差が多くの低収入のアメリカ人とクレイトンにとって問題となるのかを説明させてください。

住宅ローン市場は、FHA、フレディマックおよびファニーメイによって表される政府規則によって形作られます。それらが保証する住宅ローンが典型的に証券化され、米国政府の債務となったので、実質的に、彼らの貸出基準はall-powerful です。現在、これらの保証の資格を得る現地で建てる家の買い手は、5.25%くらいで、30年のローンを組むことが出来ます。また、これらは、金利を割安に保つことを支援するアクションでもある、連邦準備制度理事会によって最近購入された住宅ローンです。

対照的に、工場組み立ての家は、ほとんど政府機関に保証されたローンの資格を得ることは出来ません。したがって、工場組み立ての家を購入した賞賛に値する買い手は、およそ9%のローン金利を払わなければなりません。全て現金で購入する買い手には、クレイトンの家は素晴らしい価値を提供します。しかし、買い手がローンを必要とするならば、そして、もちろん大部分の買い手は必要とします、ローン金利の違いは、工場組み立ての家の魅力的な価格を無意味にしてしまいます。

昨年、私はみなさんに、なぜ我々の顧客、一般に低い収入のある人々が、 信用リスクくらいよく実行されたのかをお話ししました。彼らの態度は非常に重要でした。彼らは、売ったり借り換えをせず、その家に住むことにしました。従って、我々の顧客は、彼らの確認の取れた収入(我々は、「うそつきのローン」を作っていませんでした)で支払えるローンを組んで、彼らがローンを燃やし尽くす(完済する)ことの出来る日を楽しみにしました。もし、彼らが仕事を失ったり、健康問題があったり、離婚したならば、我々はもちろんデフォルトを予想することができます。しかし、単に住宅値が減少しただけなので、彼らはほとんど立ち去りませんでした。今日でさえ、失職問題が高まったけれども、クレイトンの支払い延滞とデフォルトは妥当な水準のままで、我々に重要な問題をもたらしていません。

我々は、より多くの顧客のローンを現地建設型の家で利用可能なものと同じようなものにしようとしてきました。これまでのところ、我々は形ばかりの成功だけ成し遂げました。工場製の家につけられる融資格差のため月々の支払いがあまりに高くなるという単なる理由で、責任のある習慣以外に適度な収入をもつ多くの家族は、したがって持ち家を断念しなければなりませんでした。もしローン資格が拡大されないなら、頭金と収入基準を満たすすべての人への安い融資を開くために、工場で製造を行う住宅産業はもがき苦しみ、やせ細っていく運命にあるように思えます。

このような状況下でさえ、見込みを下回るけれども、私はクレイトンが今後数年間のうちに収益をあげると思っています。CEOのケビン・クレイトンは最高の経営者で、彼以上の者はいません。そして、彼はまるで自分のものであるように、バークシャーの利益を扱います。クレイトンの製品は一流で、安価であり、絶えず改善されています。さらに、健全であると確信しているので、クレイトンの住宅ローンプログラムをサポートするためにバークシアの信用を使い続けます。それでも、バークシャーは政府機関が利用できるような金利で借りることができません。このハンディキャップは売上を制限してしまいます。そして、クレイトンと低コストの家を切望する多くの立派な家族を傷つけます。

以下のテーブル中のクレイトンの所得とは、クレジット利用のためにクレイトンがバークシャーへ支払った額の総計です。クレイトンへのこのコストの相殺は、バークシャーの金融オペレーションに充当され「Other Income」に含まれた収入と同じ額です。費用と収入の合計額は、2009年に1億1600万ドル、2008年は9200万ドルでした。

このテーブルはまた、家具(CORT)とトレーラー(XTRA)のリース事業が、いかに不況による打撃をうけたかを表しています。これらの企業の競争力はこれまでと同様強いままであるけれども、これらのビジネスの立ち直りはまだまだです。

************

2009年の末に、我々は、商業用不動産担保貸し付け国内3位の Berkadia Commercial Mortgage(以前、Capmarkとして知られていた)の50%の所有者になりました。2350億ドルのポートフォリオのサービスを提供していることに加え、国内25ヶ所に事業所を持つモーゲージローンの重要なオリジネーターです。商業不動産はこれから数年、大きな問題に直面するでしょうけども、 Berkadiaの長期的な機会は重要です。

この事業における我々のパートナーは、ジョー・スタインバーグとイアン・カミングに経営されているLeucadiaです。我々は彼らと、数年前バークシャーがFinova(問題の多い金融事業)を購入したときすごい経験をしました。その状況を解決する際、ジョーとイアンは、彼らに割り当てられた以上の仕事をしました。当然、彼らがCapmark購入のパートナーとして再び私を呼んでくれたとき、私は喜びました。

私たちの最初のベンチャーもBerkadiaという洗礼名を与えられました。そして、これをBerkadiaの息子と呼びましょう。いつか、私はBerkadiaの孫についてみなさんに手紙を書こうと思います。