バフェットの株主への手紙(2009) 3.保険事業

Winvestバフェットの手紙(2009年度版)

今回から、バークシャー(傘下)の各事業について、触れられていきます。まずはじめは、原文P6~8にある、バークシャーの潤沢なキャッシュフローの源泉でもある保険事業についてです。だいぶ長いですが、バークシャーのビジネスモデルのコアな部分の一端が分かる部分ですので、ぜひ楽しみながら読んでもらえると嬉しいです。

保険事業

私たちの損害保険ビジネスはバークシャーの成長のエンジンであり、これからもそうあり続けるでしょう。この事業は、私たちに大成功をもたらしました。私たちは、このビジネスを155億ドルで計上しています。しかしながら、これらの会社はそれ自体が抱えている価値以上の価値があります。次に説明する、この業界のもつエコノミックモデルを見れば、それがなぜだか分かるでしょう。

保険業者はプレミアムを先払いで受け取り、保険金を後で支払います。極端な例をあげれば、支払いは数十年後になります。このように先にお金を集め後で支払うモデルでは、私たちが「フロート」と呼ぶ最終的には他人のところへ行く多額の資金が手元に残ります。そして、その資金が手元にある間に、我々はそれを運用することができます。個々の保険金は出たり入ったりしますが、我々が保持するフロートの量はきわめて安定しています。

保険の掛け金が、支払金と結果的に生じる損失を上回っているなら、私たちはフロートから生じた投資収益となる保険引受利益を計上します。この組み合わせは、私たちに自由な資金をもたらし、さらにそれを保持することによってさらに稼ぐことが出来ます。残念なことに、この幸福な結末の可能性は激しい競争を起こします。その結果、ほとんどの年で、この業界全体としては大きな損失を被っています。この損失は、事実上、フロートを保持するためにこの業界が払うものです。通常、このコストはかなり低いのですが、突発的な災害に襲われた年には、フロートから得た収益を食い尽くしてしまいます。

バイアスのかかった見方ですが、バークシャーは世界で最良の保険事業を持っています。また、最良の経営陣がいると、自信を持って言うことができます。私たちのフロートは、このビジネスに参入した1967年の1600万ドルから、2009年の終わりには620億ドルまで成長しました。さらに、7年間連続で保険引受利益を得ています。これから先も全てではないにしろほとんどの年で保険引受利益を出し続けられることを、私は確信しています。そうすれば、あたかも、誰かが利息の支払いの必要のない620億ドルを貸してくれたかのように、われわれのフロートはコストなしの資金になるでしょう。

コストなしのフロートがこの業界全体で期待される結果ではないことを再び強調したいと思います。ほとんどの年で、保険の掛け金は保険金の支払いとその経費をカバーできませんでした。従って、業界全体のリターンとしては、何十年間の間S&P500のリターンに劣ります。ただ我々には非常に優秀な経営陣がいるので、バークシャーには素晴らしい結果がもたらされています。私たちの保険事業のCEO達は、バークシャーに何十億ドルもの価値をもたらしているのですから、みなさんの賞賛を受けるに値すると思います。私は、このオールスターについて、みなさんに伝えられることを嬉しく思います。

************

毎年8億ドルの広告予算(自動車保険業界の中では我々の次に予算を使っているの会社の倍近い予算)のおかげで皆さんよくご存じのガイコから始めましょう。ガイコはトニー・ナイスリーが経営しています。彼は18歳の時に入社し、現在66歳です。ちょうど私が79歳で小躍りしながら仕事をしているのと同じように、トニーは今でも毎日、オフィスにタップダンスしながらで出勤します。私たち二人とも自分の大好きなビジネスをしていることをラッキーだと感じています。

ガイコの顧客は、ガイコに対して暖かい感情を持っています。ひとつの証明として、バークシャーが1996年にガイコの支配権を得て以来、その市場シェアは、2.5%から8.1%まで増加しました。これは、700万人が新たに保険契約を結んだと言うことになります。おそらく彼らは、我々のヤモリがかわいかったので、我々に連絡をとってきたのでしょう。しかし彼らは、貴重なお金を節約するために私たちの保険を買ったのです(皆さんも電話やネットでガイコの保険に申し込めますよ)。また、価格だけでなく、ガイコのサービスも気に入ったからこそ、彼らは契約を続けているわけです。

(※訳注:ガイコのマスコットはヤモリ。参考:ガイコのTVCM

バークシャーは、2つの段階を経てガイコを買収しました。1976-80年は、私たちは、4700万ドルでガイコ株式のおよそ3分の1を買いました。数年にわたるガイコ自身による大量の自社株買の結果、バークシャーは追加で株式を購入することなくガイコの半数のシェアを得ました。その後、1996年1月2日、私たちは、現金で、最初に購入した金額の約50倍となる23億ドルでガイコの残りの50%を得ました。

我々の経験は、ウォールストリートの古いジョークに近いものです。

顧客: XYZ株を5ドルで買えました、ありがとうございます。いまは18ドルになったと聞きました。

ブローカー: まだまだこれからですよ。この会社は上手くいっていますからね。以前購入された時よりも、18ドルで買った方が良いくらいですよ。

顧客: えっ、マジで?! そうなら、あのとき買わずに今日まで待てば良かったな。。。

ガイコの成長は2010年は減速するかもしれません。米国の車両登録数は、自動車販売の不振のため減少しています。さらに、高い失業率の結果、多くのドライバーが保険に入らなくなっています(それは大抵どこでも違法なのですが、仕事を失ったとしても運転する必要があれば・・・)。しかしながら、我々の「低コストプロデューサー」のステータスは、将来必ず我々に大きな利益をもたらします。1995年にはガイコはアメリカで6番めに大きな自動車保険業者でしたが、現在はナンバー3です。ガイコのフロートは27億ドルから96億ドルまで成長しました。同様に重要なのは、ガイコは、バークシャーが所有した14年間のうち13年で、保険引受利益を出しているということです。

私は、1951年の1月に20歳の学生として初めてこの会社を訪れた時、ガイコにドキドキしていました。今では、トニーのおかげで、もっともっとドキドキしています。

************

バークシャーの歴史における非常に重要な出来事は1985の土曜日に起こりました。 アジット・ジェイン(Ajit Jain)がオマハの私たちのオフィスへ来たのです。そして、私たちはスーパースターを発見したのです(彼は、最近はセント・マイクと祭り上げられているマイク・ゴールドバーグによって見いだされました)。

私たちは直ちにアジットにNational Indemnity社の苦戦している小さな再保険事業を任せました。数年間で、彼はその事業を保険の世界で最も大きなもののひとつに育て上げました。

たった30人で運営されているアジットの事業は、保険業界のいくつかの分野の業務サイズで記録を作りました。アジットは10億ドルの限度額を補償し、次に、他の保険会社と一緒にリスクを放っておく代わりにそのリスクから10セントをづつキープしています。3年前、彼はロイズから巨大な債務を引き継ぎました。そして、この322年続いた組織を脅かした問題を抱えた保険証書を切った27,972人との関係をクリーンナップしました。その一回の契約に対するプレミアムは、71億ドルでした。2009年には、彼はこれから先50年以上にわたって500億ドルのプレミアムを生むであろう生命再保険契約についての交渉を進めました。

アジットのビジネスは、ちょうどガイコとは逆のものです。ガイコでは、主に年々新しくなる何百万もの小さな保険契約があります。アジットは比較的少ない保険契約を結び、そして、その中身は年々大きく変わります。非常に大きく特殊な保険をかける必要があるときに電話をかける相手として、彼は世界中でその名を知られています。

チャーリーとわたし、そしてアジットが沈みそうなボートに一緒にいて、もし助けられるのが1人だけだとしたら、アジットを救って下さい。

************

我々の3番めのお金を生み出す保険事業はゼネラル・リーです。数年前は、この事業には色々と問題がありましたが、現在は、我々の保険事業という王冠の中できらめく宝石となっています。

タッド・モントロス(Tad Montross)のリーダーシップの元で、2009年はゼネラル・リーにとって素晴らしい年となりました。また同時に、巨額のフロートを我々にもたらしました。ゼネラル・リーの損害保険事業とともに、タッドと彼の同僚は、これからますます価値のでる大きな生命再保険事業を作り上げました。

昨年、ゼネラル・リーはついにケルン・リーの100%の所有権を得ました。そして、1995年以来、世界における我々のプレゼンスの一端として、部分的な所有ではありましたが、ケルン・リーは重要な存在でした。タッドと私は、ケルン・リーの経営陣のバークシャーに対する多大な貢献に感謝するために、9月にケルンを訪問する予定です。

最後に、我々は多くの比較的小規模な会社を所有しています。それらのほとんどは、保険業界のニッチな分野を専門としています。全体で見ると、その業績は一貫して利益をあげています。そして、下の表が示すように、それらの企業が我々にもたらすフロートは相当な量です。チャーリーと私にとって、これらの会社とその経営陣達は宝物のようなものです。

100818_pcbiztable.gif

(訳注:左側が保険業務収益Underwriting Profit、右がその年の年度末のフロートの額Yearend Float)

************

そして今度は、ひとつ辛い告白をします。昨年、みなさんの会長は、完全に自分自身のせいで非常に高くつく失敗を犯しました。

長年私は、何百万もの忠実なガイコの顧客に提供できるものがないかどうか考え続けていました。不幸にも、私はクレジットカード事業を始めるという素晴らしい考えを思いついてしまったのです。私は、ガイコの保険契約者の信用リスクには問題がないから、我々が魅力的なクレジットカードを提供すれば、彼らはそれに飛びついてくるだろうと結論づけました。我々は、ビジネスをスタートさせました。しかし、間違ったタイプのビジネスを始めてしまったのです。

私が正気に戻るまでに生じたクレジットカード事業の税引き前損失はおよそ630万ドル。その後、9800万ドルのポートフォリオを1ドルあたり55 セントで売却し、4400万ドルの損失を追加で出しました。

ガイコの経営陣達は、私の考えにあまり乗り気ではなかった、ということを強調しなければなりません。彼らは私にこう警告したのです。ガイコの顧客のクリームを得る代わりに、、、さて、それを非クリームとでも呼びましょうか、それをえると言って反対しました。その時私は、自分が彼らより年上であり、さらにいくばくか賢いことを示唆しました。

しかし実際のところ、私は単に年を食っているだけだったのです。

 さて、ここまで読んでいただきありがとうございました。いかがでしたでしょうか。バフェット、そしてバークシャーというと、その運用実績にばかり目がいきがちです。しかし、運用と同じくらい大切なのは、その運用資金をどのように調達してきたか、ということです。

極端な例ですが、株式投資、パチスロ、競馬、なんでもいいのですが、年率2000%(20倍!)のリターンをあげたとしても、トイチでその資金を調達してきたとしたら、トータルでマイナスとなってしまいます。

バークシャーは、保険の「フロート」を活用することにより、コストゼロの運用資金を得ているということになります。ここが、隠れたバークシャーの強みということになります。非常に興味深いですよね!

バークシャーのビジネスモデルってホント面白いですね。