感謝を表現する

望楼守の生思考

ぼくは性格が悪いし、友達もほとんどいないし、比較的他人に興味がない。けれども、出会いに恵まれ、素敵な人々とのつきあいをもたせてもらっている。つきあいのある人の中には、それなりに有名な人(失格社長とか、宇宙人とか、ベンチャー経営者とか)もいれば、所謂有名人ではないけれど彼らと同等に輝いている人もいます。

自分にはもったいないなぁ、ありがたいなぁ、と思っているわけですが、そういう気持ちは自分の中で大切にしていればいいんじゃないかな、と思っていました。

けれど、ブログをやってみて思いました。ひとへの感謝は、やっぱり表現しようって。

ブログへの反応ってやっぱり嬉しいんですよね。それは、単なるアクセス数であったり、TBであったり、もっと具体的なコメントやフィードバックだったりするわけですが、自分の発信したことに対して反応があるっていうのは、内容うんぬんよりも単純にあることそれ自体が嬉しい。逆に、反応がないっていうのは、なんだがしょんぼりなわけです。

だから、所属しているコミュニティのMLにはなるだけ反応しようと思うし、面白いブログ記事なんかんはコメントやTBなんかをしようかなって。

千里の道も一歩から。

先ず隗より始めよ。

世界を変える前に、社会への価値提供を考える前に、まずは自分の半径5M以内のことから、自分の出来ることを始めてみよう。

Think globally, act locally.