無限の可能性を生むたった一つの法則 – 世界が神秘的なのか、あるいは神秘の中に世界があるのか

 科学の法則。

西洋においては、科学は世界の成り立ち、神の御技を知るひとつの手段であった。

所謂、科学の法則はいくつあるのだろう。数学における定理とでもいうべき、すべての根本となる法則は、そんなに数多くはないだろう。もしかしたら、たった一つの法則に行きつくのかもしれない。

しかし、その法則にしたがってできているこの世界を見てみるがいい。

無限の多様性、無限の可能性。

たった一つの法則が、無限の多様性を生む。

これこそを神秘といわず、なんと言おう。