望楼守の生思考

少年易老学難成 一寸光陰不可軽 未覚池塘春草夢 階前梧葉已秋声 一寸の光陰、軽んずべからず。 時というものは非情なもので、どんなに泣きわめこうと決して待ってはくれない。それは所与のものとしてこの世に存在するあらゆるものに平等に与えられたもの ...